カテゴリー別アーカイブ: 未分類

どこにも属さない項目です。そのうちカテゴリーを増やすかも・・。

八王子シルクが五輪旗に

オリンピック、日の丸、パラリンピック 旗

オリンピック、日の丸、パラリンピック 旗

 今朝の朝刊に載っていた情報として

 東京都の小池百合子知事は9月21日、
 八王子織物工業組合の清水理事長と都庁で会い、
 八王子の伝統工芸品「多摩織」のシルク生地を
 使った五輪旗とパラリンピック旗のレプリカを
 記者団に公開した。とのこと。

 小池東京都知事は、リオデジャネイロ五輪・
 パラリンピックの閉会式でリオ市長から
 旗を引き継いだ。

 東京都は国際オリンピック委員会(IOC)などの
 承認を得て旗のレプリカを制作。
 その生地を提供したのが八王子織物工業組合。
 今後、都内や東日本大震災の被災地で行う
 「フラッグツアー」でレプリカを一般に
 お披露目される予定だそうだ。

 小池知事はレプリカの旗をみて、
 「いい発色だ。八王子は伝統的に織物がさかん。
 世界中にマーケットが広がるように応援したい。」
 と応じていたそうです。

 東京オリンピックのレプリカの旗を
 「八王子織物」の生地がたくさん採用されると
 いいですね。
 八王子の伝統的な織物がより知名度も上がり
 全国、世界に愛されることを祈ってます。

八王子のはちみつ

FIOはちみつ

FIOはちみつ

 八王子で採れたはちみつです。

 先日の日曜日 「八王子市民活動フェスティバル2016」へ

 おじゃましたときに、八王子市内の土地で採れた

 お野菜を販売していました。

 株式会社フィオという会社を立ち上げて農業を主に
 
 活動されているようです。

 こちらは八王子で採れた純粋蜂蜜。

 春から初夏は、アカシアやサクラ、柑橘系の花々、

 夏から秋にむけては、クリの花で
 
 八王子のミツバチたちが集めてつくったその百花蜜の

 本来の風味を残すため、最低限のろ過・非加熱で

 瓶詰めされたもの。

 「 グリーン ハニー ( green honey ) 」です。

八王子のお土産にいいかもしれません。

熱中症に気をつけて!

ino

  八王子駅北口のデッキの七夕の飾りです。

  今年の七夕さまは日中快晴だったのに夜は

  雲がかかってしまい、お星様が見れませんでした。

  残念。

  暑い日が続いていますので

  熱中症にならないよう水分補給をしっかりと

  とりましょう。

  喉が渇いていなくても、マメに水分を摂ることが

  よいとのこと。

  また、熱帯夜の夜、暑くて寝苦しい時は、

  エアコンの温度を上げてつけっぱなしに

  しておくこともお勧めです。

  電気代がもったいないと言って、エアコンを

  つけずに我慢して寝ていると、寝ている間に

  熱中症になってしまうこともあるので

  危険です。要注意です。

  まだ関東は梅雨明けしていませんが、

  暑い日が続いていますので、気を付けて過ごして
 
  いきたいですね。

  

さくら 2016年

富士森公園さくら 2016年

富士森公園さくら 2016年

富士森公園さくら

富士森公園さくら

 今年の桜はいかがでしたか。

 今年はゆっくりお花見ができていませんが

 移動中、車の中から桜を眺めて、

 少しだけ桜を楽しんでいます。

 

 

 

八王子のニュース 「野猿峠脳神経外科病院」で落下事故

 

 本日こんなニュースが入りました。

 2月8日午後、東京・八王子市の病院の敷地内で
 車がフェンスを突き破り、3メートルほどの高さの
 崖から転落した。運転手とみられる80代の男性に
 ケガはなかったという。

 警視庁などによると、8日午後1時半ごろ、八王子市
 「野猿峠脳神経外科病院」の敷地内で乗用車が
 フェンスを突き破って崖下に転落した。
 運転していたのは80代とみられる男性で、
 ケガはなかったという。

 車は緩やかな下り坂の先にある駐車場のフェンスを
 突き破って、3.2メートルほどの高さから転落し、
 崖下に積まれたコンテナに一度ぶつかってから地面に
 衝突したという。
 調べに対し運転していた男性は「アクセルとブレーキを
 踏みまちがえた」と説明しているそうです。

* * * * * * * * * * * * * *

 ここ数年、高齢者の数も増えていることから
 まだまだ現役で運転されている方も多いです。
 
 そのせいか、高齢者の運転事故が目立っています。

 今回は病院のフェンスなどの毀損はしてしまったものの
 ご本人無事で本当によかったです。
 しかし、他の方を巻きぞいにしかねないです。
 判断ミスがご自身の命はもちろんですが
 周りの方の命をうばってしまうこともあるので
 本当に考えなければいけませんね。

 八王子市内は広く、車を使わないと不便なところも
 ありますが、この 野猿峠脳神経外科病院 周辺は
 電車最寄駅からは少し離れているのでバス便になり
 ますが、バスの本数もそこそこあるので、バスを
 利用するといいですね。

「野猿峠脳神経外科病院」MAP

「野猿峠脳神経外科病院」MAP

 

民泊解禁による情報として (大田区の条例)

 「民泊」解禁により
 各自治体で条例や規則ができているようです。
 
 東京都大田区では先日一般住宅に有料で観光客らを泊める「民泊」を
 認める条例が施行され、事業者からの申請受付が開始されました。

 大田区の条例では

 ・滞在期間を6泊7日以上
 ・同じ建物や敷地から10メートル以内に住む住民への説明義務
  (近隣への周知活動)
 ・必要な床面積は宿泊者1人当たり3平方メートル以上
 ・防犯対策として、旅券の提示で本人確認を徹底させ、旅券番号を記した
  名簿を3年間は保管すること
 ・周辺住民の苦情窓口の設置などのルールを明確化させる
 ・大田区が立ち入り調査の権限も持つ

 など以上の条例が定められ、昨日時点で事業者2件が実施されるそうです。

 また、港区の某分譲マンションの管理組合総会では、「民泊を禁止する」
 条項をマンションの管理規約に入れ、変更手続きをとることで、
 「民泊禁止」の動きも出ています。

 また、新築分譲マンションの販売では、分譲マンションを購入する
 買主が安心して購入できるよう、販売時点で「民泊禁止」と
 する管理規約を設置する分譲マンションの販売も増えている
 ことも事実です。

 
 しかし、現在、民泊はインターネット仲介サイトを通じて
 全国的に広がっていて、大半は旅館業法の許可を得ていない
 で運営しているの現状。
 宿泊客と貸し手、近隣住民とのトラブルも目立つため、
 特区とは別に厚労省と観光庁が検討しているのが、
 全国統一の新ルール作りだそうです。
 (これは早めに整備してもらいたいところですね。)

 今後も近隣住民とのトラブル防止や治安対策、
 仲介業者への規制や罰則設置なども含めてまだまだ
 課題があがりそうです。

 大田区と同様の特区対象としては、東京都と神奈川県、
 大阪府などホテル不足に直面する地域が指定されてい
 ますが、八王子市では「民泊」に関しての取り組みと
 整備はどのようにしていくのでしょうか。
 
 八王子市でも年々増えている、高尾山の利用客では
 多くの海外の方も含めて、「民泊」の需要性は高い
 ように思われます。
 民泊を利用したい方と貸し手や地域の取り組み方が
 上手にいけば、もっともっと多くの方に「八王子市」
 を知っていただき来訪してもらえることで、
 もっともっと八王子が活性化できるといいですね。
 

 (参考資料として)

 ※ 「民泊について」東京都福祉保健局 

 ※ 旅館業法に関するQ&A

Merry Christmas ★

Merry Christmas ★

Merry Christmas ★

 ★ Merry Christmas ★

 賑やかな華やかな街もクリスマスならでは。

 気持ちも温かく 愉しく過ごしたいです。

 小さいな幸せ運んでくるかも・・・。

 メ-リークリスマス★
 
  

 

工学院大学八王子キャンパス ソーラーカー

八王子市は多くの大学が集結しており、
八王子、多摩キャンパスが多く点在しています。
しかし、近年では、少子高齢化ということもあり、
学生の数も減ってきており、八王子キャンパス閉鎖で
都内へ移転(戻る)ケースも出てきております。

その中でも八王子の広い敷地、キャンパスならではというところも
あると思いますが、「工学院大学八王子キャンパス」での、
世界最大ソーラーカープロジェクトのお話です。

(*^_^*)

工学院大学八王子キャンパス(八王子市中野町)に拠点を置く
「ソーラーカープロジェクト」は11月11日、オーストラリア
大陸約3000キロをソーラーカーで縦断した
「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ(WSC)」の
報告会が行われました。

下記コメントは工学院大学新宿キャンパスで行われた会見によります。

同プロジェクトが参加した「クルーザークラス」は、4輪で2人
乗り以上という、より実用車に近いレギュレーションが設定されて
いる部門。国内からは唯一の同クラス参戦チームとして、新型
ソーラーカー「OWL(アウル)」を投入し戦いに挑んだ。

スタート地点であるオーストラリア北部の街・ダーウィンを22番手で
出発。大会前よりスピードで得点を稼ぐことを明言していた同プロジェクト。
その言葉通りに1日目から快走し、そのままの勢いでレースの中間地点で
あるアリススプリングスまでの「ステージ1」をトップで制した。

 後半戦に当たる「ステージ2」もクラストップで走り出したが、大会側
から横風による車体の安定性不足を指摘され、「初日から70キロ制限の
ペナルティーを受けた」という。「突然オフィシャルカーが現れて、トレーラー
で次のコントロールポイントまで運ぶか、時速70キロに制限するか選ぶよう
言われた。レギュレーションには記載されていないし、他のチームでもふら
ついていたところはあったのに、なぜ指摘されたのか分からない。
70キロの根拠も不明で、なぜリタイアとなるトレーラーでの運搬を提案
されたのかも分からない」と疑問を隠さない。

 速度制限は映像などを利用した抗議が認められる翌日まで4時間40分に
わたって課せられ、ドライバーの交代や安全確認などのために取った停車時間
20分と合わせて大きなロスとなる。「速度制限を解除された後は少しでも
ほかのチームとの差を広げることに必死だった」とのこと。
ゴールに近いポートオーガスタからは一般車も増えるため速度低下が見込まれ
たが、結果として96.8キロという平均時速で走り抜き、ゴール地点である
アデレードではトップでゴールイン。

 その後、坂道発進・縦列駐車・3点Uターン・5分以内に荷物を積めるか
などの実用面の評価や外部審査員による審査が行われ、総合優勝は2位で
ゴールした「Eindhoven」チームに。
工学院大学のプロジェクトは残念ながら念願の優勝を果たすことはできな
かったそうです。

 この審査についても、「テレビ局のアナウンサーが審査員を務めるなど、
レギュレーションを必ずしも正しく把握しているかどうか分からない人もいたし、
主観が入りやすかったのでは。得点配分も明らかにされておらず、坂道発進など
は運転技量の問題のようにも思う」と疑問を呈した。

 今大会を振り返り、「クルーザークラスは黎明(れいめい)期でレギュレ
ーションが未完成。国際コンペティションとして採点基準の早急な整備が求め
られる」とのこと。「準優勝という結果に落胆はしたが、やるべきことはやった
ので悔いはない。カーレースを追求できたし、全ての力を出しきれた」との
コメントをされています。

 プロジェクトの代表を務める工学院大学機械システム工学科の濱根洋人准
教授は「カーレースはレギュレーションを考え抜いて、いかに工夫してベストを
尽くすかの頭脳プレー。学生はベストを尽くした」と高く評価しています。

 今回受けたペナルティーについては「今後、日本から参戦するチームのためにも、これから正式に文章で抗議をする」としたうえで、「クルーザーの幅は広いと思っていて、学生が一から設計して進める教材としてはものすごくいい。
ファミリーカーにするか、スポーツカーにするかといろいろあるが、学生には
これからも工学院大学としてオンリーワンの車を作ってくれるはず」と次回大会
を見据えて期待を込めるそうです。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

  2位という結果でも素晴らしいと思うのですが。
  以前テレビでも取り上げられていましたが
  学生と企業と取り組み、ロボットなどの開発に
  取り組む等、ますます期待している大学のひとつです。

  

八王子市民のマイナンバー送付

 マイナンバーの通知書送付は日本の北海道、東北と
 北方面から配布されているようです。
 
 
 いよいよ、八王子市民には11月上旬から30日までに
 配布されるようですよ!

 不在の場合は、不在連絡票が投函され、7日以内まで
 郵便局に保管されているので再配達してもらうといい
 ですね。

 マイナンバー制度の説明会も11月から市民センター
 などで開催されているようですよ。
 
 * 加住市民センター  11月1日(日)(定員60名)
 * 北野市民センター  11月3日(祝)(定員90名)
 * 南大沢市民センター 11月7日(土)(定員70名)
 * 元八王子市民センター11月8日(日)(定員80名)
 * クリエイトホール  11月14日(土)(定員70名)
 * 浅川市民センター  11月15日(日)(定員100名)
  ※時間はどこも午後7時~8時30分

 (問合せ先)
 ★共通番号制度管理課 042-620-7453